ホーム > 運動療法を行おう

運動療法を行おう

I.常によい呼吸をするために

口すぼめ呼吸

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の人は、息を吐き出すときに空気の通り道である気道がふさがりやすくなります。しっかり息を吐き出さなければ、息が吸い込みにくい状態になります。口すぼめ呼吸は、気道を広げる作用があり、気道の閉塞が改善し、息が吐きやすくなります。さらに肺胞を膨らませておく作用もあり、効果的な呼吸ができるようになります。

口すぼめ呼吸・吸う
口すぼめ呼吸・吐く

(1)息を吸うときは鼻から吸い、息を吐くときは口をすぼめて(ろうそくの火を消すように)ゆっくりと吐きます。

(2)「1・2」で息を吸い、「3・4・5・6」で息を吐くようにします。(2倍の時間をかけ息を吐きます)

腹式呼吸

横隔膜を使う呼吸により、呼吸に不必要な角の運動を減らし、より効率のよい呼吸ができます。また、呼吸筋のリラクゼーションや、肺のガス交換促進などの効果があります。

※息苦しさがない人が行ってください

(1)片手を胸部に、もう片手を腹部に置きます。

腹式呼吸方法1

(2)「1・2」で鼻から息を吸います。腹部の手が持ちあがるように意識します。

腹式呼吸方法2

(3)「3・4・5」で口から息を吐きます。腹部を軽く押さえます。

腹式呼吸方法3

慣れたら、電話帳・本などの重り(0.5kg~3kg)を乗せて行って構いません。
1回10~15分を1日2~3回行います。まずはきつくない程度で、少しずつ繰り返す時間(連続して行う時間)を延長してください。あくまでも目安なので無理のない範囲で行ってください。

【情報提供】株式会社マルコ

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

運動療法を行おう

I.常によい呼吸をするために

口すぼめ呼吸

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の人は、息を吐き出すときに空気の通り道である気道がふさがりやすくなります。しっかり息を吐き出さなければ、息が吸い込みにくい状態になります。口すぼめ呼吸は、気道を広げる作用があり、気道の閉塞が改善し、息が吐きやすくなります。さらに肺胞を膨らませておく作用もあり、効果的な呼吸ができるようになります。

口すぼめ呼吸・吸う

(1)息を吸うときは鼻から吸い、息を吐くときは口をすぼめて(ろうそくの火を消すように)ゆっくりと吐きます。

口すぼめ呼吸・吐く

(2)「1・2」で息を吸い、「3・4・5・6」で息を吐くようにします。(2倍の時間をかけ息を吐きます)

腹式呼吸

横隔膜を使う呼吸により、呼吸に不必要な角の運動を減らし、より効率のよい呼吸ができます。また、呼吸筋のリラクゼーションや、肺のガス交換促進などの効果があります。

※息苦しさがない人が行ってください

(1)片手を胸部に、もう片手を腹部に置きます。

腹式呼吸方法1

(2)「1・2」で鼻から息を吸います。腹部の手が持ちあがるように意識します。

腹式呼吸方法2

(3)「3・4・5」で口から息を吐きます。腹部を軽く押さえます。

腹式呼吸方法3

慣れたら、電話帳・本などの重り(0.5kg~3kg)を乗せて行って構いません。
1回10~15分を1日2~3回行います。まずはきつくない程度で、少しずつ繰り返す時間(連続して行う時間)を延長してください。あくまでも目安なので無理のない範囲で行ってください。

【情報提供】株式会社マルコ