ホーム > 呼吸リハビリテーションとは

呼吸リハビリテーションとは

呼吸リハビリテーションとは

私たちの人間の体は、使わなければだんだん衰え、弱くなってしまいます。息切れがあると、体を動かすこと(活動)が減ってしまい、足腰が弱くなり、最悪の場合には寝たきりの状態になってしまうという悪循環が生じてしまいます。そのために適度な運動を行うことが大切となっています。
呼吸リハビリテーションには、運動により息切れ(呼吸困難感)を軽減させ、運動耐久性の向上、活動範囲を拡大させる目的があります。
運動の効果
呼吸に必要な筋肉(呼吸筋)をストレッチしたりトレーニングすることで、息切れを軽減し、呼吸がしやすくなるように考えられた体操をいくつかご紹介します。ある程度体に負担を与えなければ運動療法になりませんが、いきなり強度の運動を始めてはいけません。負担になり過ぎない範囲での適切な運動を続けることが大切です。注意点を守り、無理のない範囲で行いましょう。

運動時の注意点

  • ○運動を行うときは無理をせず、自分のペースで練習しましょう。
  • →目安は「うっすらと汗をかき、息切れがなく、会話しながら運動が続けられる程度(下記図4から5程度)」
  • ○酸素療法をされている人は流量を体動時の流量で行いましょう。
  • ○呼吸困難の状態に合わせて運動量を調節しましょう。
  • ○体調が悪い時は休みましょう。
  • ○運動中は休憩を入れ呼吸を整えながら行います。

修正ボルグスケールとは

人によって運動のきつさ・感じ方には違いがあります。修正ボルグスケールは運動したときのきつさを数字と簡単な言葉で表現し、標準化したものです。0~10の数字で表し、0に近づくと楽と感じ、10に近づくときついという解釈になります。
修正ボルグスケール

運動の中止基準

運動中、以下の状態に一つでも当てはまるときは運動を中止してください。

  • ●その他の自覚症状:高度の息切れ、動悸、胸痛、高度の疲労、めまい、ふらつき、チアノーゼ、多量の発汗等
  • ●呼吸数:1分間に30回以上
  • 心拍数:年齢別最大心拍数の85%に達したとき(年齢別最大心拍数:220-年齢)×0.85
  • 例:年齢80歳であれば(220-80)×0.85=119回/1分
  • ●血圧:高度に血圧が下降したり、上昇したとき
  • ※血圧計をお持ちの人:運動前・中・後で測定してください
  • ●パルスオキシメーターをお持ちの人:SpO2:90%以下の場合(運動前・中・後で測定してください)

【情報提供】株式会社マルコ

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

呼吸リハビリテーションとは

呼吸リハビリテーションとは

私たちの人間の体は、使わなければだんだん衰え、弱くなってしまいます。息切れがあると、体を動かすこと(活動)が減ってしまい、足腰が弱くなり、最悪の場合には寝たきりの状態になってしまうという悪循環が生じてしまいます。そのために適度な運動を行うことが大切となっています。
呼吸リハビリテーションには、運動により息切れ(呼吸困難感)を軽減させ、運動耐久性の向上、活動範囲を拡大させる目的があります。
運動の効果運動の効果
呼吸に必要な筋肉(呼吸筋)をストレッチしたりトレーニングすることで、息切れを軽減し、呼吸がしやすくなるように考えられた体操をいくつかご紹介します。ある程度体に負担を与えなければ運動療法になりませんが、いきなり強度の運動を始めてはいけません。負担になり過ぎない範囲での適切な運動を続けることが大切です。注意点を守り、無理のない範囲で行いましょう。

運動時の注意点

  • ○運動を行うときは無理をせず、自分のペースで練習しましょう。
  • →目安は「うっすらと汗をかき、息切れがなく、会話しながら運動が続けられる程度(下記図4から5程度)」
  • ○酸素療法をされている人は流量を体動時の流量で行いましょう。
  • ○呼吸困難の状態に合わせて運動量を調節しましょう。
  • ○体調が悪い時は休みましょう。
  • ○運動中は休憩を入れ呼吸を整えながら行います。

修正ボルグスケールとは

人によって運動のきつさ・感じ方には違いがあります。修正ボルグスケールは運動したときのきつさを数字と簡単な言葉で表現し、標準化したものです。0~10の数字で表し、0に近づくと楽と感じ、10に近づくときついという解釈になります。
修正ボルグスケール

運動の中止基準

運動中、以下の状態に一つでも当てはまるときは運動を中止してください。

  • ●その他の自覚症状:高度の息切れ、動悸、胸痛、高度の疲労、めまい、ふらつき、チアノーゼ、多量の発汗等
  • ●呼吸数:1分間に30回以上
  • 心拍数:年齢別最大心拍数の85%に達したとき(年齢別最大心拍数:220-年齢)×0.85
  • 例:年齢80歳であれば(220-80)×0.85=119回/1分
  • ●血圧:高度に血圧が下降したり、上昇したとき
  • ※血圧計をお持ちの人:運動前・中・後で測定してください
  • ●パルスオキシメーターをお持ちの人:SpO2:90%以下の場合(運動前・中・後で測定してください)

【情報提供】株式会社マルコ