ホーム > 摂食・嚥下・口腔のケア > 食べる前の準備体操

摂食・嚥下・口腔のケア

食べる前の準備体操(嚥下体操)

食事の前に行うことで、嚥下筋をリラックスさせます。

(1)深呼吸(3回ずつ)

深呼吸1

背筋を伸ばし、からだ全体をリラックスさせる

深呼吸2

お腹に手を当てて大きく鼻から吸って肩の力を抜きながら口から細くゆっくりと吐く

(2)首の体操(2回ずつ)

首の体操1

ゆっくり後ろを振り返る

首の体操2

ゆっくり首を左右に倒す

首の体操3

やや下を向き左右にゆっくりと動かす

(3)口の開閉(3回ずつ)

誤嚥を防止します。

口の開閉1

ゆっくりと大きく口をあける

口の開閉2

次にしっかり、口を閉じて奥歯を噛み締める。閉じるときは口の中で舌を上あごに押し付け、口の両端に力を入れる

※口を大きく開ける運動は、あごの関節の働きをよくし、口をしっかり閉じる運動は、飲み込む力を強化します。

(4)くちびるの体操(3回ずつ)

口の周りの筋肉を鍛えると、食べ物が口からこぼれ落ちるのを防ぐことができます。

くちびるの体操1

口をとがらせる

くちびるの体操2

次に横に引いて上下の歯を出す

(5)舌の体操(3回ずつ)

舌を大きく動かす力がつくと、口の中の食べ物をまとめ喉に送り込むことがうまくできるようになります。

舌の体操1

(1)口を大きく開ける

舌の体操2

(2)舌をできるだけ長く出す

舌の体操3

(3)次に上唇をなめる

舌の体操4

(4)さらに口の両端もなめる

(6)頬をふくらます(3回ずつ)

口の周り、喉の筋肉が鍛えられます。

頬をふくらます

ほおをふくらませ、口や鼻から息がもれないようにこらえる。次に口をすぼめてみる。

(7)せきをする

痰がからんでいたり、食べ物を誤嚥しかけたとき外に出す力がつきます。

せきをする

両手で机などを押しながら、お腹に力を入れて「ゴホンっ」と強く咳払いする。

(8)発声

大きな声を出す力がつくと、食べ物を誤嚥しかけたときに外に出す力が強くなり、「パタカラ発音」はくちびるや舌の動きをよくします。

発声

・お腹の底から大きな声を出す。「パパパパ」「タタタタ」「カカカカ」「ララララ」をゆっくり、次に早く声を出す。

(9)最後にもう一度、深呼吸

深呼吸

口腔ケア

口腔ケアの意義

口腔内を清潔に保つことが、肺炎などの感染症予防にとって重要です。口腔ケアを行うことで唾液分泌を増加させ、口腔内の自浄作用を促し、誤嚥性肺炎を予防できます。
介助による口腔ケアでは、歯ブラシを使用した口腔ケアを実施することが必要です。また義歯がある場合は食事ごとに取り外して清掃しましょう。

口腔ケアの実際

(1)必要物品

歯ブラシ、口腔洗浄液、タオルなど

(2)方法

【1】ブラッシング前にうがいを行い、食物残渣を取り除きます。
(口の周りの筋肉が萎縮している場合は、介助者が口周りのマッサージをまず行います)。
【2】口腔ケアは座位の姿勢で行うのが一般的ですが、座位が取れない場合は対象者に合った体位で行います。誤嚥しないよう体位を工夫し、安全で楽に口腔ケアが受けられるようにしましょう。
ベッド上で口腔ケアを行う場合には、誤嚥しにくい体位として30度くらいベッドを起こすと良いでしょう。
【3】介助でのブラッシング時は、誤嚥を予防するために口角に指を入れて口が閉じないようにし、歯ブラシで1本ずつ丁寧にブラッシングします。

日頃の口腔ケア

ご自身でうがいができない場合は、吸い飲みなどを使って口腔内を洗浄しましょう。口腔ケアをサポートする器具として、スポンジブラシやブラッシングを使用しながら口腔洗浄、吸引ができる機械などさまざまな製品が市販されています。かかりつけの歯科医師や歯科衛生士に相談すると良いでしょう。

【情報提供】株式会社マルコ

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

摂食・嚥下・口腔のケア

食べる前の準備体操(嚥下体操)

食事の前に行うことで、嚥下筋をリラックスさせます。

(1)深呼吸(3回ずつ)

深呼吸1

背筋を伸ばし、からだ全体をリラックスさせる

深呼吸2

お腹に手を当てて大きく鼻から吸って肩の力を抜きながら口から細くゆっくりと吐く

(2)首の体操(2回ずつ)

首の体操1

ゆっくり後ろを振り返る

首の体操2

ゆっくり首を左右に倒す

首の体操3

やや下を向き左右にゆっくりと動かす

(3)口の開閉(3回ずつ)

誤嚥を防止します。

口の開閉1

ゆっくりと大きく口をあける

口の開閉2

次にしっかり、口を閉じて奥歯を噛み締める。閉じるときは口の中で舌を上あごに押し付け、口の両端に力を入れる

※口を大きく開ける運動は、あごの関節の働きをよくし、口をしっかり閉じる運動は、飲み込む力を強化します。

(4)くちびるの体操(3回ずつ)

口の周りの筋肉を鍛えると、食べ物が口からこぼれ落ちるのを防ぐことができます。

くちびるの体操1

口をとがらせる

くちびるの体操2

次に横に引いて上下の歯を出す

(5)舌の体操(3回ずつ)

舌を大きく動かす力がつくと、口の中の食べ物をまとめ喉に送り込むことがうまくできるようになります。

舌の体操1

(1)口を大きく開ける

舌の体操2

(2)舌をできるだけ長く出す

舌の体操3

(3)次に上唇をなめる

舌の体操4

(4)さらに口の両端もなめる

(6)頬をふくらます(3回ずつ)

口の周り、喉の筋肉が鍛えられます。

頬をふくらます

ほおをふくらませ、口や鼻から息がもれないようにこらえる。次に口をすぼめてみる。

(7)せきをする

痰がからんでいたり、食べ物を誤嚥しかけたとき外に出す力がつきます。

せきをする

両手で机などを押しながら、お腹に力を入れて「ゴホンっ」と強く咳払いする。

(8)発声

大きな声を出す力がつくと、食べ物を誤嚥しかけたときに外に出す力が強くなり、「パタカラ発音」はくちびるや舌の動きをよくします。

発声

・お腹の底から大きな声を出す。「パパパパ」「タタタタ」「カカカカ」「ララララ」をゆっくり、次に早く声を出す。

(9)最後にもう一度、深呼吸

深呼吸

口腔ケア

口腔ケアの意義

口腔内を清潔に保つことが、肺炎などの感染症予防にとって重要です。口腔ケアを行うことで唾液分泌を増加させ、口腔内の自浄作用を促し、誤嚥性肺炎を予防できます。
介助による口腔ケアでは、歯ブラシを使用した口腔ケアを実施することが必要です。また義歯がある場合は食事ごとに取り外して清掃しましょう。

口腔ケアの実際

(1)必要物品

歯ブラシ、口腔洗浄液、タオルなど

(2)方法

【1】ブラッシング前にうがいを行い、食物残渣を取り除きます。
(口の周りの筋肉が萎縮している場合は、介助者が口周りのマッサージをまず行います)。
【2】口腔ケアは座位の姿勢で行うのが一般的ですが、座位が取れない場合は対象者に合った体位で行います。誤嚥しないよう体位を工夫し、安全で楽に口腔ケアが受けられるようにしましょう。
ベッド上で口腔ケアを行う場合には、誤嚥しにくい体位として30度くらいベッドを起こすと良いでしょう。
【3】介助でのブラッシング時は、誤嚥を予防するために口角に指を入れて口が閉じないようにし、歯ブラシで1本ずつ丁寧にブラッシングします。

日頃の口腔ケア

ご自身でうがいができない場合は、吸い飲みなどを使って口腔内を洗浄しましょう。口腔ケアをサポートする器具として、スポンジブラシやブラッシングを使用しながら口腔洗浄、吸引ができる機械などさまざまな製品が市販されています。かかりつけの歯科医師や歯科衛生士に相談すると良いでしょう。

【情報提供】株式会社マルコ

x